Prometric Main Image

ITパスポート試験

  ITパスポート試験は情報処理技術者試験の一試験区分であり、
「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家試験です。

ITパスポート試験(iパス)とは

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき
ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITは私たちの社会の隅々まで深く浸透し、どのようなビジネスにおいてもITなくして成立しません。

  • どのような業種・職種でも、ITと経営全般に関する総合的知識が不可欠です。
  • 事務系・技術系、文系・理系を問わず、ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえません。
  • グローバル化、ITの高度化はますます加速し、「英語力」と共に、「IT力」を持った人材を企業は求めています。

そこでパスです。

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。 具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。 ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。 iパスは、2009年の開始以来、累計応募者数が50万人以上となり、社会人から学生まで幅広い層から支持されています。

iパスはプロメトリックの試験会場にてCBT方式にて実施されています。CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験方式のことです。iパスは国家試験として初めてCBT方式を導入しました。

iパスに関する詳細は「ITパスポート試験 公式Webサイト:iパスとは」をご確認ください。

ITパスポート試験 受験案内・受験申込み・お問い合わせについて

ITパスポートはプロメトリックの試験会場にて実施しておりますが、受験案内、受験申込み、各種お問い合わせにつきましては、以下のITパスポート試験公式Webサイトをご確認ください。

 ITパスポート試験 公式Webサイトはこちら